インターコンチネンタル恵州リゾートの宿泊レポート

この景色に癒される。
bonobo
こんにちは!bonoboです。サッカーW杯開催地のロシアに中国から行くには、どうやってビザを取るのか調べています。広州の旅行会社に問い合わせたら、一人2万円ぐらいかかりそうなので日本で手配した方が便利かもということでしたよ。

恵州洲際度仮酒店(インターコンチネンタル恵州リゾート)のスパルームとは?

Trip.com(旧Ctrip)で、めっちゃお安いお部屋を発見して予約を入れたんですよ〜。確か一部屋2泊で約3万円ぐらいだったかな。ホクホクしながら鉄道の切符を購入して帰ってきたら、カスタマーセンターから電話が。

「この部屋は満室で、スパルームなら空いています」

とのこと。そうなると2泊で2944元(約5万円)。(まあ、一人あたりに換算すれば、日本国内の高級ホテルに滞在することを考えれば、サービスは違ったとしてもインターコンチだしリーズナブルにちがいないか…、せっかく切符買えたんだし)と納得し、OKしました。隠しきれない貧乏性(笑)

でも、その後に検索した時も、最初の安い部屋が表示されるんだよね…。もしかして、外国人価格に値上げされたのかな?

インターコンチネンタル恵州リゾートののスパルーム

インターコンチネンタル恵州リゾートののスパルーム

さて、気を取り直して、予約したスパルームをご覧ください! 自宅だったら絶対に発想できないであろうこの間取り。ヘッドボードが付いている壁の後ろ側が部屋の入り口になっていて、ドア左右にクローゼットとスーツケース置き場が分かれています。

日本のような玄関スペースという概念がなく、ドアを開けるとすぐダイニング&リビング丸見えになっている中国のマンションに住んでいる身からすると、ほほう、こういう間取りもありか!と感心してしまいました。

恵州洲際度仮酒店のスパルーム

恵州洲際度仮酒店のスパルーム

さらに、ソファ正面のテレビの裏側が、洗面台の鏡になっているという2WAY仕様。空間は大きく取りながら、緩やかに間仕切りされているという考えられた間取りです。

InterContinental恵州のスパルーム

InterContinental恵州のスパルーム

向こう側でテレビを見ている人からは、洗面所で身支度している人が丸見えですね…マッパでウロウロしにくいな。(笑)
水回りはアメリカのブランドKOHLER社のプロダクトです。シャワーも凝っていました。

KOHLER社のシャワー

KOHLER社のシャワー

湯船はベランダにある露天仕様です。今回はホテルの温泉を利用したので、お部屋の湯船には入りませんでした。斜面を利用して設計された建物は、どの階からもグリーンが見えるようになっていて、目隠し効果と癒し効果があります。

お部屋には露天風呂が付いています。

お部屋には露天風呂が付いています。

スパルームの名の由来でしょうか、洗面台の前にマッサージベッドがありました。残念ながら、美容マッサージにも健康マッサージも苦手なので、これも使いませんでしたが、お部屋で本格的なマッサージが受けられるなんて、気兼ねなくリラックスできそうですよね。

お部屋のマッサージベッドでリラックスタイム

お部屋のマッサージベッドでリラックスタイム

 

アメニティグッズはどういう感じ?

アグラリアの石鹸

アグラリアの石鹸

歯ブラシやシャワーキャップなどのグルーミングセットは期待していたほど豪華ではなく、ごく普通のアメニティグッズでした。シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・石鹸などは、世界60カ国以上の国と地域で展開しているインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツに独占契約されている「アグラリア(Agraria)」というブランド。レモン バーベナの爽やかな香りが特徴です。

アグラリア(Agraria)の公式サイトはこちら

 

コーヒーカップも購入可能

コーヒーカップも購入可能

これらのお部屋の備品には値段表があり、気に入ったら購入することができます。とても着心地の良いフワッフワのバスローブ、お値段も手頃だったので欲しかったのですが、我が家にはどんなものもゴワゴワに仕上げる魔法のドラム式洗濯機しかないので、断念しました。

クローゼットの中にはヨガマットもあり、大自然の中でお外ヨガするのも気持ちよさそうでした。

エキストラベッドを置いてもゆとりがある空間

エキストラベッドを置いてもゆとりがある空間

実は、エキストラベッド追加は予約時にお金がかかる旨記載されていたのですが、チェックイン時に無料でつけてもらえることになりました。中国のホテルでは子どもに関することになると、おまけのサービスをしてくれることが多いなと感じました。

のんびり散策したくなるホテル周辺

この景色に癒される。

この景色に癒される。

一番気に入ったのが、中国の歴史ドラマに出てきそうな外観です!周りの山や空と相待ってスケールの大きさを感じさせられます。建物内もちょっと複雑な造りになっていて、迷子になりそうなほど広いんです。

池の周りを散策

池の周りを散策

池に架かる橋の鎖には、このホテルを訪れたカップルやここで挙式した夫婦が付けたであろう南京錠が、いくつも付けてありました。ロマンチックな演出ですね! 鍵は池に投げ入れるのでしょうか?
池の周りに遊歩道が整備されていて、ぐるりと散策を楽しめました。

広い屋外プール

広い屋外プール

4月のプールはさすがにちょっと寒かった!プールの近くには野外スクリーンが設置されていて、夜は上映会があるそうです。この日は「ハウルの動く城」の予定となっていました。子ども向けにミニゴルフの無料イベントもあるから参加しないかとフロントの人に誘われました。

本格的なスパを受けられます。

本格的なスパを受けられます。

敷地内には独立したスパの建物もあります。

 

充実した室内設備

ビリヤードルーム

ビリヤードルーム

ビリヤードや卓球、パソコンルームがあって、1日1時間無料で利用できました。それ以上は1時間50元の利用料でした。
ホテルの外には娯楽施設はありません。我が家では家族対抗ビリヤード大会・卓球大会をして、充実のホテルステイとなりました。

子供用もある室内プール

子供用もある室内プール

深さは1.4m。室内プールですが温水ではありません。写真の奥側に子ども用の浅いプールもありました。暑い時期だったら、外と中の両方のプールでとことん遊び尽くせるはずです!

ジムで一汗流す楽しみもあります。

マシンが並んだ室内ジム

運動するのも休日の楽しみのうちの一つです。旅行先でも運動の習慣を続けられるのは嬉しいですよね。

外遊びのできるキッズスペース

外遊びのできるキッズスペース

子どもの遊び場は室内と室外の両方にありました。小さい子も飽きずに過ごすことができます。

輝かしい実績のあるホテルです。

輝かしい実績のあるホテルです。

数々の賞に輝いているホテルのようですね。中には、日本語の媒体が主催と思われる「日本人がこよなく愛する珠江デルタホテルコンテスト 金賞・扶桑賞」という盾もありました。(詳細を知りたかったのですが、検索しても見つけられませんでした)

お楽しみの温泉!

南国風情の溢れる温泉

南国風情の溢れる温泉

中国に来て2度目の温泉です。中国の温泉は水着で入ります。温泉といっても体を洗ったりするわけではないですよ。温度もぬるく、長く入っていてものぼせません。水着にバスローブを羽織ってお部屋から来るスタイルで、更衣室があるような感じではありませんでした。

温泉というより温水プールのようだ。

温泉というより温水プールのようだ。

子どもたちは浮き輪など用意して遊んでいます。この日は、じっとしていると肌寒いお天気でしたが、温泉に入っていると体がポカポカと温まってきて、気持ちが良かったです。温泉というより温水プールという印象でした。

まとめ

口コミを見ると、設備が〜・掃除が〜とか、いろいろマイナスの意見もありますが、都会の喧騒を忘れてリラックスするのにぴったりの静かなロケーションでしたよ。

InterContinentalの風格を感じられるリゾートホテル

InterContinentalの風格を感じられるリゾートホテル

ここら辺一帯が広州富力地産というデベロッパーのリゾート開発地域になっていて、私たちが行った時にはホテルの駐車場手前に温泉リゾート別荘の案内所がありました。デポジット100元を預けると、レンタルサイクルを借りることができます(パスポートのコピーが必要です)。せっかくなので、別荘地の方までサイクリングしてみました。

ここ一帯が恵林温泉というリゾートになっている

ここ一帯が恵林温泉というリゾートになっている

戸建ヴィラは、一番お安い価格帯で4千万円台〜。このロケーション(恵州市中心部から1時間の完全なる田舎)で結構お高いですね。温泉・ゴルフ場・高級リゾートホテルが揃っていて、香港・深セン・広州と行った大都市圏から車ですぐというのが魅力なのでしょうか。

ちなみに、外国人ならキャッシュ一括であれば購入可能で、実際に売れた別荘もあるとのことでした。

建築模型によると、桜の 花見ができるという。

建築模型によると、春には桜の花見ができるという。

散策したホテルの池周辺には桜の樹が植えてあり、来年には花をつけると説明されました。ぜひ、満開の桜の時期に来たいものですねぇ。
以上、中国の旅行シーズンの連休でも予約の取りやすい穴場ホテル「恵州洲際度仮酒店(インターコンチネンタル恵州リゾート)」のレポートでした!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

いつも応援ありがとうございます。
.゚+.(´∀`*).+゚.

bonobo
本記事は、2018年4月8日時点の情報です。最新の情報をお確かめの上、よいご旅行を!(∩´∀`∩)バィバィ♪