bonobo
こんにちは!bonoboです。広州で日本人から愛される蒸気鍋のお店をご紹介します!この記事を見せて注文ができるように、写真多めでお送りしますよ〜!

広州で大人気!蒸気鍋のお店

日本人駐在者が美味しい海鮮を食べたい時によく行くお店が、地下鉄5号線「淘金站」からほど近い「麓苑軒酒家」という蒸気鍋のお店です。
蒸気鍋は、スチーム鍋・サウナ鍋とも呼ばれています。広州に同様のお店はいくつかあるらしいのですが、ここが最も愛されていると言っても過言ではないでしょう!

日本人駐在者に絶大な人気を誇る蒸気鍋のお店

日本人駐在者に絶大な人気を誇る蒸気鍋のお店「麓苑軒酒家」

淘金站からは細い路地を進んで行くので、ここで本当に合っているかなと心配になります。タクシーで行く場合は、お店の名前が通りの名前(麓苑路)と同じですので、たいていの運転手さんはこの写真を見せるとわかってくれます。広州東駅からバス280路では「白云宾馆」で降りて、しばらく歩きます。
店に入ると、左側に水槽が並んでいて、右側に予約台があります。なんか薄暗い…と思ってもどんどん入って行ってOK。夜は個室を予約することもできます。

蒸気鍋に欠かせないものは、コレ!

最初に鍋におかゆの材料を入れます。

最初に鍋におかゆの材料を入れます。

この注文を忘れると、最後のシメがおかゆではなくスープになってしまいます。それはそれで美味しいんですけど、やっぱり物足りないので、お忘れなく!この鍋が特殊なつくりで、 円卓の下に給水器が付いていて、自動的に蒸してくれる仕組みになっています。

この店に欠かせない調味料

この店に欠かせない調味料

そして、初めて食べたらハマること間違いなしの調味料。特に左側はピーナツオイルにすりおろした生姜を合わせていて、自宅にも常備したい美味しさです。右側は海鮮にも野菜にも肉にも合う醤油。辛味ありとなしがあります。

定番からビックリまでメニューを紹介

まずは定番の白貝から。

まずは定番の白貝から。

店員さんが、注文された具材のバランスを組み合わせて、美味しい順番で鍋に入れてくれるのも、このお店のいいところなんですよね。基本的に、出来上がった料理を食べてから次の具材を入れてくれます。だんだんお腹いっぱいになって食べるスピードが遅くなると、蒸し上がった料理は空いているお皿にどんどん盛られて、次から次へと作られていきます。

しっかりとした食感が楽しめる「十头鲍鱼」

しっかりとした食感が楽しめる「十头鲍鱼」

こちらはニンニクのみじん切りがアクセントにもなる贅沢な一品です。白貝やアワビから出た美味しい汁は、全部下の鍋にキャッチされて、おかゆのスープになります。シメのおかゆへの期待が高まりますね。

活きのいい「罗氏虾」

活きのいい「罗氏虾」

活きのいい「罗氏虾」。鍋に入れる前には、動いているほど新鮮です!殻をむいていただきます。

「鲟龙鱼」または「龙趸」

「鲟龙鱼」または「龙趸」とオクラ

なんという名前の魚だったかうろ覚えで、残念(汗) 広州の魚が苦手な人でも、この方法なら臭みが少なくなって食べやすくなります。ぜひ試してみて!身が柔らかいので子どもにもオススメ。骨には気をつけてね!オクラは歯ごたえシャキシャキで色も鮮やか。

エノキの牛肉巻き

エノキの牛肉巻きとカボチャ

えのき茸に牛肉を巻いて蒸したら、不味いわけがなかろう!中国のカボチャはベチャベチャしているイメージでしたが、ここで食べるカボチャはホクホク系でした。

青野菜と豚肉団子

青野菜と豚肉団子

肉団子系はさっぱりとした青野菜と組み合わせるのが定番のようです。肉団子は、あれ?これ色的にちゃんと火が通っている?と思っちゃいますが、 食べてみると生ではありませんのでご安心を。

鶏肉と冬瓜

鶏肉と冬瓜

こちらの組み合わせは、鶏肉と冬瓜です。鶏肉は時折骨つきですが柔らかく、冬瓜も火の通りが絶妙。

コラーゲンたっぷりのスッポン

コラーゲンたっぷりのスッポンと山芋

今回のビックリ食材はスッポン。実は人生初めて食べるので恐る恐るでしたが、ぷるぷるの食感で結構いけました。火が通る前はもっと色鮮やかでグロテスク。どこかに顔もあるのですが…。広州の市場に行くと食材用のスッポンや亀、カエルなども生きたまま売っています。市場で遭遇すると、アァー!って思うけど、いざ料理になると食べることができるから不思議。スッポンと山芋の組み合わせは、精がつくよね。

鍋以外のお料理はこちら

芋泥饼

芋泥饼

ほんのり甘い芋もちです。このお店の葱餅も絶品なんですよ!ぜひ出来立てを味わってみてくださいね。

ド定番の一品。

ド定番の一品。

大人も子どもも大好きなこの料理。いろんなお店で頼むのですが写真を指差して頼むため、メニュー名未だに覚えられないという…。

ジャガイモの細切りを炒めたもの

ジャガイモの細切りを炒めたもの

こちらもたいていのレストランにある定番の料理ジャガイモの細切り炒めです。メニューが豊富なので、子連れでも何かしら食べられるものがありますよ。

まとめ

シメのおかゆ

シメのおかゆ

これまでの食材の美味しい汁で炊かれたおかゆは、この店でないと食べられません。この日は歓談の時間が長くて、ご飯の粒がとろけてスープ状になっちゃってます。写真で見ると美味しさが伝わらないって?

お野菜もいっぱい食べれてヘルシーだし、美味しい!日本でも流行るんじゃないかと密かに思っている蒸気鍋。たくさんの種類を食べるには、大人数のグループで行くのがポイントです。このような日本人の口に合う美味しいお店の情報は、先輩赴任者から新しく駐在に来た人に脈々と受け継がれていくんですよ。最初に開拓した人に感謝したいお気に入りのお店です。

麓苑軒酒家の大众点评はこちら

 

bonobo
本記事は、2017年〜2018年の情報です。最新の情報をお確かめの上、お出かけください!(∩´∀`∩)バィバィ♪