超おすすめ!花市を巡って楽しむ広州の春節

広州名物「花市」
bonobo
こんにちは!bonoboです。今日は、広州で迎える春節の楽しさをお伝えしますね!

広州の春節と言えば、花市が有名です。

花市とは、春節を祝って開催される、新年を迎える準備に欠かせない縁起物を売る市場のことです。
広場や公園、メインストリートなどに露天のお店が立ち並ぶ広東省の伝統的な行事で、春節前の旧暦の二十八日から旧暦の一日早朝まで開催され、毎年たくさんの人が訪れます。行き交うどの人も晴れやかな顔に見え、こちらまで楽しい気持ちになるんですよ。
ちなみに、2017年の春節は1月28日からでしたので、1月25日〜27日が花市の期間でした。bonoboは、3カ所の花市に行って来ましたので、様子をリポートします!

荔湾花市の花嫁行列

 

北京路の花市

最も有名でたくさんの人で賑わうのが北京路の花市です。
北京路は唐・宋・元・明・清の時代から広州の主要な街道で、「千年古道」と呼ばれています。
歴史ある遺跡をガラス張りにして保存してあり、悠久の歴史を感じる観光地としても人気があります。

北京路の花市1広東省の名産品である銅製品

他の花市と同様、生花などの縁起物に混じって、広東省特産の銅製品の出店もありました。

北京路の花市2

北京路の花市は夜にライトアップされ、また違った雰囲気になります。
ご覧の通り、ぎゅうぎゅう詰めになりますので、小さい子どもやベビーカーは大変かも知れません。
そして、中央に見えるのが、この三日間のために設置された特製の門です!通り抜けられるようになっていて、とっても豪華な飾りつけがされています。毎年デザインが変わるそうですよ〜。夜が更けるまで賑わっている大人向けの花市と言えるでしょう。
こんなに多くの人出があるなら、帰りの地下鉄がさぞ混んでいるだろうと思いきや、ガッラガラですのでご安心を。

荔枝湾の水上花市

荔湾花市1

長寿路駅B出口から荔湾湖公園へは、ちょっと歩きます。地図が必須ですよ。
荔湾湖公園では、きれいに飾られた巨石がお出迎えしてくれます。

荔湾花市の水上花市

花で飾られた船でお正月を迎えるためのお花や縁起物を売っているのが荔枝湾花市の見所です。
広東オペラの上演や伝統的な結婚式の行列を再現したイベントなど、お楽しみが盛りだくさん。イベントの日時は事前に公開されますので、調べてから行くとお目当てを見逃さずに済みます。

荔湾花市の糖画

紅砂糖を使った中国の伝統的な飴細工「糖画」を、リクエストに応じて描いてくれる露店もありました。
十二支の動物に混じって、スヌーピーをかたどった糖画も!

他には、「福」の字を目の前で書いてくれる筆文字屋さんも人気でした。
荔湾湖公園近くには、150年の歴史を誇る「泮渓酒店」があり、飲茶を楽しむ事もできます。
豚やうさぎの形をした飲茶は、食べるのがもったいないくらい可愛いですよ!

 

天河区・体育中心花市

天河花市の縁起物2
子ども連れに最も適した花市が天河体育中心で行われる花市です。
広州恒大の本拠地であるスタジアムの周りをぐるりと取り囲むようにたくさんの出店があります。
通路の両側にある露店をくまなく見るために、2周はしたいところです。通路が広く、中国のLEGOなどを売っているおもちゃ屋さんもあるので、どの年齢の子どもも楽しめるのが特徴です。

それでは、天河体育中心の花市で売っている春節ならではのものを二つ紹介します。

広州の春節を彩る縁起物「五代同堂」

天河花市の縁起物1

日本では「フォックスフェイス」と言われるこの植物の実は、広東では子孫繁栄・一家団らんを象徴するおめでたいものなんです。
このように山盛りにして活けられたかごや鉢植えがたくさん並んでいました。これは、結構長持ちするんです。

広州の春節を彩る縁起物「風車」

天河花市の縁起物3

一年の間に良くない事があった人が、風車をクルクル回して自分の運勢を好転させるために飾るそうです。
いろいろな大きさがありますが、金色だったりレインボーだったり、派手なものが多いですね。他にも玄関に貼る開運の言葉が書いてある飾りや、中国のお年玉にあたる「紅包(ホンバオ)」の封筒など、旧正月に欠かせないアイテムが手に入ります。我が家では、獅子舞のマリオネットを2匹・120元で購入しました!

広州を訪れるなら、春節を迎える花市の時期がベストシーズン!

なぜならば、広州で働いている地方出身者が一斉に帰省するため、いつもに比べて街が静かでバスも地下鉄もガラガラになるからです。それに、夏は暑過ぎて観光するには体力・気力が必要ですが、春節の時期は日本人には過ごしやすい気温ということも挙げられます。
日本の冬の寒さから逃れて、のんびり中国の旧正月を楽しめるベストシーズンと言えるでしょう。

広州で働いている赴任者も10日ぐらいの休暇が取れる場合が多く、日本からのお客様を案内するのに都合がよい時期です。
ただし、春節はお店によってお休みになる所もあるので注意が必要ですよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

いつも応援ありがとうございます。
.゚+.(´∀`*).+゚.

bonobo
本記事は、2017年1月27日時点の情報です。最新の情報をお確かめの上、よいご旅行を!(∩´∀`∩)バィバィ♪