bonobo
こんにちは!bonoboです。ついに我が家にもネズミが出没!日本で買ってきたお麩や高野豆腐をカジられ、ショックです。゚(゚´ω`゚)゚。何か対策をせねば…。

 

教会教区のお祭りに出会った!

7月の下旬、小学校が夏休みに入ってすぐマルタ入りすると、学校へ向かう通りが、このように飾り付けされていました。
「これが普通なのかな〜?マルタってウキウキする国だな〜」と思っていたら、教会のお祭りがあるというポスターを発見!

「Parish Feast Celebrarion 2017 at St.Paul’s Bay」というキリスト教の教区ごとのお祭りが7月最終週にあるんですって。そのための飾り付けだったんですね!

飾り付けのメインカラーは教区ごとに違うようで、バスから見えた他の街では青色だったり白色だったり、通りにはそれぞれ統一感のある装飾が施されていました。
こちらが、パリッシュフェスタの中心となるセント・ポールズベイの教会です。

約一週間に渡って、地元マーチングバンドの演奏やパレード、コンサート、花火などがスケジュールされています。

お祭りの最終日、クライマックスの行事のために教会の前に集まる地元の人々。
青い生地に白い文字(スポンサーの広告など)が入ったお揃いのTシャツを地域グループごとに着ているようです。まるで、各地域のお神輿が一つの神社に集まる日本の秋祭りのようですね。
色々質問してみたかったけど、なかなか英語でフレンドリーに話しかけられない意気地なしの東洋人は、ポツンと観察していましたとさ。(ボッチかよー!)

最大の見どころ!海上花火

一週間に渡るフェスティバルの最後の三日間は、夜になるとセントポールズベイに大輪の花火が上がります。子どもたちが寝る時間の22時ごろからということもあり、海岸の特設会場には行かず、部屋のベランダから鑑賞しました。

こんなに美しい花火をマルタで(しかも、地方都市で)鑑賞できると思っていませんでした!
日本の花火大会のように次々と上がるわけではなく、花火と花火の間は準備のためか少し時間が空きます。「もう終わったのかな…」と思って寝室に行ってから、花火の音でまたベランダに戻るということも何度かありましたよ。

色変わり三連発!花火が水面に反射して、小舟の影を浮き上がらせていました。

最終日の前日のメインの花火が、一番凝っていました。
マルタには色々な教区があって、それぞれフェスティバルを行い花火を上げます。夏は毎週どこかしらで花火が上がっている状態で、内陸の高台にある都市イムディーナの広場からも、モスタの花火や空港近くの花火を見ることができました。

マルタの人は花火が大好きという情報は、本当だったんですね。
各地のパリッシュフェスタの花火を鑑賞するアクティビティも、観光センターで申し込むことができるようですよ。

「Our Lady」のお神輿とは?

教会のお知らせボードに貼ってあったポスターに、お祭りの一週間の予定が書いてありました。その中で気になったのが、「Our Lady」を肩で担いで教会から別の教会へ運ぶというものです。これって、いわゆるお神輿みたいな感じなのかしら?ぜひ見てみようと、子どもたちと行ってみました。

市民によるマーチングバンドが先頭を歩き、聖人の後ろに、「Our Lady」と呼ばれるマリア様の彫像がお神輿のように肩で担がれて進みます。
教会から教会へ行進している間は、湾内に響き渡るほど轟音の音花火が打ち上げられます。

こちらが、この教区の「Our Lady」です。西日が後ろから照らし、後光が輝いているようでした。かなり重いようで、担いでいる方々も途中で休み休み進みました。日本のお神輿のようにわっしょいわっしょい揺らすわけではなく、しずしずと運ばれていきます。

なぜ、キリスト像ではなくマリア様の像なのか、マルタの宗教的な歴史についてなど、不勉強でわからないことが多かったけれど、この行事を通じて地域に住む人々の信仰心の厚さを感じました。

まとめ

行ってみるまで、夏にこのようなお祭りがあるとは知りませんでした。その国の人々の生活に根ざした行事を参観したのは、とても興味深い体験となりました。期せずして巡り会うことができ幸運だったと思います。
毎年恒例のフェスティバルなので、この時期にマルタに行かれる際は、教区のお祭りや花火を見学できるかどうか、語学学校やホテルの人に問い合わせてみてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
(ノ*・ω・)ノよ☆ろ★し☆く★

bonobo
本記事は、2017年7月30日時点の情報です。最新の情報をお確かめの上、よいご旅行を!(∩´∀`∩)バィバィ♪